子育て

いよいよ手術…!!そして…

スポンサーリンク

迎えた手術当日。

私は一緒に手術室に入ることはできないので、娘を抱っこして手術室の手前まで連れて行き、看護師さんに預けました。

麻酔が効く時間も含めて、長ければ3時間ほどの手術になると聞いていたので、私は術後すぐに駆けつけられるように小児病棟近くの通路のベンチに座っていました。

手術は腹腔鏡手術というもので、内視鏡で患部を見ながら行う手術で、傷口も小さく済むそうです。

娘の場合は臍ヘルニアもあり、それがなかなかの大きさだったので、おへそ周りを2箇所ほど切ってそこから内視鏡とメスを入れ、一緒におへその再形成手術もするとのことでした。

ただ、腹腔内嚢胞がいったいどこにつながって出来ているのかが不明のままだったので、もし内視鏡で探しきれない場合はもっと切開しなくてはいけない、との説明も受けました。

嚢胞は生まれた時からたびたび経過観察でエコーで確認したり、サイズを測ったりしていたのですが、徐々に大きくなっているようでした。(その時の娘のぐずり具合や角度などで正確に測れるわけではないのですが…)

ということは、どこかの臓器とくっついている可能性も高く、もしそれが腸の場合だと(腸が有力候補でした)、もしかしたら腸も一部切除しなくてはいけないかもしれない、と説明で聞きました。

腸を切ってまた縫い合わせた場合、患部が癒着してしまうこともあるそうで、そうなると排便も困難になってしまうので、もし本当に腸についていたとしても、ポロッと取れてくれたらいいな…と思っていました。

私は待つことしかできないので、娘の手術中はとにかく時間が経つのが遅く感じました…。(うっかりお昼ごはんも食べそびれました…)

 

娘と離れてから約3時間後。

手術終了を知らせるブザーが鳴りました。

慌てて手術室前へ移動し、そこで娘が来るのを待っていました。

保育器のようなベッドに入って、娘はバタバタと目の前を通って行き、「小児病棟に移動後に処置をしてから呼びます!」と主治医ではない先生に言われ、私は手術内容を聞くために個室で手術を担当してくれた娘の主治医を待ちました。

ちなみに運ばれていた娘は、麻酔がまだ抜けていないせいか、顔は真っ白で目を閉じたまま「うーうー」とうなされていました…。

 

5分ほど待って、先生からのお話を聞けることに。

先生は娘のお腹の中から取り出した嚢胞を銀色のトレーのようなものに乗せて持っていました。

手術は予定通り腹腔鏡手術で行えたとのこと。

そして、生まれる前からずぅーーーっと気になっていた由来不明の腹腔内嚢胞の正体。

それは

肝嚢胞(かんのうほう)」でした!!

肝嚢胞とは肝臓内にできる良性の腫瘤で、できた原因は不明とのこと。

取るのはとても簡単にポロっと取れたそうです。

でも娘の体から考えるとかなり大きめのサイズで、なんと袋の中の水分は200ccもあったとのこと!

おへそ付近に開けた穴からはそのままでは取り出せないとのことで、先に水分を抜き取ってから袋を取り出したそうです。

なので私が見せてもらった娘の肝嚢胞は、風船がしおれた感じでした。(見るかどうかは確認してくれました。私は見たいと思ったので見せてもらいました。)

肝嚢胞自体は良性と思われるけれど、念のため病理検査はするということで、万が一悪性だった場合はまた別の治療にうつらなければならないので、それはそれで結果が出るまで不安でしたが、なにはともあれ、ずっと気になっていた謎の嚢胞が無くなったことで、とても安心したし、うれしい気持ちになりました!

そして、でべそだったおへそも素敵に治してもらえたとのことで、それも見たい気持ちが強かったです。(笑)

実際はおへそはしばらくガーゼがついているので見られたのはもう少し先でしたが…。

 

先生からの説明を一通り受けた後、娘のいる小児病棟へ。

手術後の娘。

まだ麻酔が完全に抜けていないので、酸素マスクをしたままほぼ眠った状態の娘を見て、こんなに小さいのに本当によく頑張ったな、と涙が出ました。

思えば今回のことで病院に運ばれてから1週間も食事(といっても母乳ですが…)をとれず、それでいて3時間もの手術に耐えたのだから、本当にすごいな、と。

まだ痛み止めも必要なので、背中に点滴がささっている状態ではありましたが、少しでも痛いと思うことなく術後を過ごしてくれたらいいな、と思いました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ズボランはは

ズボラでゆるく過ごしたい、平成27年産の男の子と令和元年産の女の子の母。 食べることが大好き。 妊娠、出産、育児、美味しいと感じたもの、便利だと感じたもの…etc. ゆるーく書いていきたいと思っています。

-子育て
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 ズボランははの子育てブログ Powered by AFFINGER5